TKB

たまに更新するブログ

けっこう長い事ブログをほったらかしてしまっていました。
こりゃあいかんと書き始めてしまいましたが特に書くこともないです。
ここ一ヶ月くらいの間に撮った写真を適当に載せてみます。

ドレッシング
近所のスーパーですごく美味しそうなドレッシング見つけたので思わず買ってしまったけど食べてみたら結構普通だったヤツ。



ninngyouyaki
成城石井で売ってる、あん入り人形焼。ちょっと高いけど大好き。
スーパーで見かける安いやつは、あんこスカスカの生地がパサパサな物が多いんですよね。



シュトーレン
同じく成城石井でクリスマスの時期に売ってる一口シュトーレンも大好き。
本当はまるごとシュトーレンをドーンと買いたいんですけどカロリー的な意味で我慢。
成城石井は魔窟。プレミアムチーズケーキとかも危険だし。ヤツは一年中売っていやがる。



osechi
妹の店のお節。
妹が以前勤めていた和食のお店で店主と一緒に作って売っていたお節を今回も一緒に作って、その和食のお店でも売っているお節と同じものを妹の店でも売ってます。



present
子供向けのファンシーキャラではなく、程よくリアルなぬいぐるみを探していたんですけど、こういうのっておもちゃ屋ではなくてペット用品店とかの方が色んなのありますね。



aisunomi
マツコの知らない世界のアイス特集で紹介されてたアイスの実。
コーヒー味のアイスが大好きなのでこれは食べたいと思いおもわず購入。美味しいけど言うほど大人向けでもない。
レディーボーデンのコーヒー味復活しないかなぁ・・・。大人向けというわけではなかったけど、あれはとても好きでした。



kiri
同じくマツコの知らない世界のアイス特集で紹介されてた、あずきバーの井村屋とkiriがコラボしたクリームチーズアイス。
これはほんとに美味しい。きっとあと何回か買います。
あずきバーは高硬度でおなじみですが、クリームチーズアイスは早く食べないと溶けるんじゃないかってくらい柔らかいです。



今回はこのくらいで。
今年もよろしくお願いいたします。

「○○の分野のことはよくわからないから感想は控えます」
みたいな言い分って定型文のごとくよく聞きますけどあまり有効な言い訳ではないと思うんですよね。

その言い分のとうりに考えるとしたら
「音楽の歴史や音楽理論に明るくないなら、好きな音楽の話をすべきではない」
「食材や様々な調理法の知識がないなら、料理や好きな食べ物の話をすべきではない」
「服飾に詳しくないなら好みの服の話をすべきではない」
・・・みたいなことになるような気がするんですが。

でも多くの人は音楽の話も服の話も食べ物の話もしますよね。
専門的な知識が無くても。
それは「○○の分野のことはよくわからないから感想は控えます」っていう言い分とは矛盾してしまっているのではないかなと思うんです。
そして何故、知識の有無関係無しに好みを語るのかといえば、やはり「対象に興味があるから」ですよね。

つまり「興味があるものの事なら、その分野の専門的な知識の有無とは関係無しに話している」というわけです。
「○○の分野のことはよくわからないから感想は控えます」という言い訳は、言い換えれば『知識の有無は関係なく、それ(対象)には興味がありません』と宣言してるようなものではないかなあと思うのです。

そんな感じで「よくわからないから感想は控えます」というのは「興味がないのでスルーします」と、言っているようなものなので、「あたりさわりのない言い訳とはいえない」と考えています。


仕事関係でのコメントなので下手なことは言えないという時とか、その対象の作者に対して直接コメントするわけではない場合などは「○○の分野のことはよくわからないから」という言い訳が出てきたとしても「あ、単にコメントしたくないんだな」って思えるのでいいですけど、もっとプライベートな場で、プライベートな間柄の人に対してその言い訳をするのは、ちょっと考えたほうがよくないか?と思うんです。
作者は「まだまだ興味を持ってもらえるものを作れてないんだなー」と凹みますし。

専門の職業、立場ではない人が専門的な知識や経験を持っていないという事は当然の事なので、専門的な知識に基づいた感想が出てくるとは初めから思っていないわけで。
むしろそういう専門的で具体的なコメントはもはや単に「感想」とも言えないと思うので、素直なリアクションとして受け止められないものだと思うし。

なので感想を言う機会があるとしたら、もっと気軽に考えていいと思うんですけどね。
「○○の分野のことはよくわからないから感想は控えます」って言うくらいなら、それこそ「おおーやったね!」でいいと思うんですよね。
ノーコメントよりも、ずっと。

最近エッセンシャルオイルに手を出してみました。
 
essential_oil
もともとは
「単純に部屋がいいニオイなのは嬉しいし良いかも」
「要はリラックスでしょ?ラベンダーとかジャスミンとか」
くらいの軽い気持ちだったんです。
 
でも調べてみるとエッセンシャルオイルってかなり色々な種類があって効能も様々。
「安眠」「リラックス」「集中力アップ」「リフレッシュ」「ストレス緩和」「不安、心配事の緩和」「頭痛」「二日酔い」「便秘」などなど、もはや薬のようです。
ここのところ、どうもやる気が出ない。何かいいものは無いかなって事を考えることが多かった僕にとってこれは打ってつけ。
 
また、エッセンシャルオイルについて調べているときに「ローズのエッセンシャルオイルを一滴作るためには薔薇の花が50個必要」という情報を目にした時、単純な僕は「コイツは本物だ!効果があるに決まっている!」とコロッといってしまったんです。
 
僕はこれまで「エッセンシャルオイル(精油)」と「アロマオイル」の違いを知りませんでした。
というか、それが違う物を指す言葉だという事すら知らなかったんですが、どうやらだいぶ違うようで。
アロマオイルだとここで調べたような効果は期待できないんだそうです。
これは買うときに「エッセンシャルオイルを選ぶ」ということに注意しなければ。
 
エッセンシャルオイルというのは植物の中の「芳香物質」のみを純粋に抽出したもの。
100%天然の物だけが「エッセンシャルオイル(精油)」という表記を許されているんだそうです。
 
対して、100%天然ではない物、合成の物が混ざっている物、100%化学香料の物はエッセンシャルオイル(精油)という表記はできないので「アロマオイル」という表記になります。
100均で売っているような安価な物はまずまちがいなく「アロマオイル」であるとのこと。
もっともアロマオイルでも、単純にいい香りを嗅いでいい気分になるという効果はあるとおもいます。
でもどうせならせっかく調べたことだし本物を手に入れたい。
 
というわけでとりあえず3種のエッセンシャルオイルを購入してみました。
単純にいい香りを嗅げるのは気分がいいし、楽しんで使おうと思います。

このページのトップヘ