TKB

たまに更新するブログ

2013年06月

ウクレレ買いましたウクレレ。
ウクレレ
これはパイナップル型なのでこんな形です。

はっきりいって一万円もしない安物なんですけど、ちゃんと暖かくほんわかした音がしてうれしい。
いつかもっといいやつ買おうかな!


ところで「パイナップル」っていう単語はちょっと不思議。
「パイナップル」ってつまり「パイン・アップル」ですよね?
たぶん「パイナポー」みたいに発音するんだとおもうんですけど。
その発音がカタカナ語になって「パイナップル」。

いっぽう「グリーンアップル」ってありますよね。
あれはカタカナ語でも普通に「グリーンアップル」。
なんでですか。
たぶん外人は「グリーナポー」みたいに発音するんだとおもうんですけどちがうんでしょうか。
なぜカタカナ語で「グリナップル」ではないのか。


いいんですけど。
もう全然いいです。

いつどうやって侵入したのかわからないのだが、スマホの保護フィルムの粘着面にゴミが入ってしまったようで、ここにゴミありまっせーと強調するかのようにプックリと気泡ができてしまった。

いま手元に代わりのフィルム無いし、このスマホはどうせ年末には新調するつもりだしもういいや!と保護フィルムを剥がしてスマホ使いはじめております。

なんだかとても快適になった。
今スマホから記事を書いてますが、今のところフリック入力ミス無し。

通話したりして、スマホが汚れたらまた使い心地は変わるのかもしれないけど、今のところとてもいい感じ。

きちんといい材料で作られたスマホの画面と
数百円の保護シートと
どちらが具合がいいかっつったら当然前者だろうとは思ってはいましたが大分違うもんだなー。
やっぱタッチの感度命ですねスマホやタブレットは。

スマホを守るためにフィルムを貼って、それによってスマホの使い心地が悪くなってイライラしてしまうようでは本末転倒。
貼らない方がいいんだな。


結論

年末新しいスマホ買ったら、もっといいフィルム貼ります。(貼るのか)

3d5709ac.jpg
僕が通勤に使ってる京葉線は、ここんとこ1日おきに遅延しております。

今日は「風強いからゆっくり走るわ」ということだそうですよこのハメハメハ電鉄は。

結構な頻度でハメハメハっぷりを発揮する通勤電車なのですが、さすがにこんなんで毎回いちいち遅刻してられない。

すこしでもハメハメハに抗うための手段として、電車の遅延情報が携帯にメールでくるように登録してます。
なんかあったときにだけメールが来ます。

朝起きて携帯見て遅延情報メールが来てたときは、寝起きからふてくされた顔。
だがじっくりブー垂れてたら遅刻してしまうのでブーブー急ぐ。
心臓に悪い。

そんな朝を1日おきに迎えております。

そろそろまた一人カラオケいこうかなー。
一人カラオケって、何人かで行くカラオケとはまた別の楽しさがあるから一人で行くものだし
それに、僕の場合「一人カラオケに行きたい理由」があるんです。

僕はちょっと耳が悪いんです。
で、リズムとか音程とか、曲によっては取りづらいので、一人で行けるうちにそれを確かめておきたい。
また、耳にダメージにならない適正な音量も
確かめておきたい
また、「大変だね」とか「わかるー」とか、その類のセリフも言われたくないってのもね。あります。
よけいダメージなこともあるんですよね。「あ、俺たいへんなんだ」って確認しちゃう感じというか。
優しい人ほど、一見同情に見えて実はかえってダメージになるようなことは言わないものですね。
突き放しももちろんしませんし、そういうのって本当に感謝しなければ。ありがたい。

大人数でいきなり「カラオケいこうよ」みたいな事になった時、結構不安要素が多いんです。
カラオケは、歌うことは好きなのに。

なので、一人カラオケで好き勝手に実験しておきたい。
曲の途中で「あーこれは辞めだ」って突然演奏ストップしたり、ちょくちょく音量いじりながら歌ったり、そんなことに誰かを付き合わせてもね。


僕は自己満足でYouTubeに弾き語り動画とかをアップしてるんですけど、弾き語りが好きで気楽な理由もそこにあります。
自分でリズムを刻んでるわけだから、タイミングがつかみずらい事もないし、耳にダメージになるほどの大音量も出ないし、曲を途中で止めたり、ちょっと気になる曲をつまみ食いしたり、自由でお気楽。
それになにより、自分の好きな曲の旋律が自分の手の中から奏でられるのはとてもきもちいいんですよね。
たとえアコギでたどたどしくポロポロ弾くだけでも。
僕は、大昔バンドをちょっとやってたこともあるんですけど、それができなくなった今、曲を奏で、歌う楽しみは弾き語りかなと。
カラオケが遠ざかった今、弾き語りなら気楽に歌える

まあでも自分の好きな曲はどれも弾き語りで弾いて楽しい曲ばかりかっていうとそうでもなくて。
僕はラルクとか好きなんですけど、弾き語りには全然向いてない曲とかもあります。
で、友達とかとカラオケ行っても、その曲がうまく歌えるのか、難しいポイントはどこか、じっくり確かめられないですしね。

だから一人カラオケ。


てか


カラオケに限らないんですけど、「えーそれ一人でいけるんだー?」みたいな風潮はいい加減なくならないんでしょうか。

「ワタシはそれ一人でいけなーい」とかいまさら何のアピールだよと思うし、そもそも「一人で行く」っつってるものを「いけるんだー?」って聞き返すかなっていう。

あとたとえば「カフェに行く」「レストランに行く」など「別に一人でいくのも普通だろ」というようなことを
『ワタシは友達とじゃないといけなーい』みたいに言われるともうなんだかね。。。
僕はカフェで一人で静かにするのが好きなのでなおさらなのかなと思いますが。

前にどっかで見たことあるんですよね。
カフェにひとりでいく人を、寂しいものでも見るかのように揶揄している女子を。。。

20130618

ce4cbceb.jpg
先日新しいPCの設置作業をしているときに、かなり珍しく僕の机にまで侵入してきた興味が抑えきれない先生


昨夜は、先日買ったソフトのインストール作業で、ライセンスを取得するために2つのサイトでユーザー登録しなきゃいけなくて、入力項目が結構多い上にしかも一個は英語のサイトだったので、間違いのないように慎重に慎重に作業してたら1時間もかかってしまった。
やれやれ。

英語のサイトって「間違えたら取り返しがつかない」感が半端ない。


昔はなんともなかったのに最近はソフトのインストール作業をビクビクしながらやることが多いな。

このページのトップヘ