TKB

たまに更新するブログ

2014年01月

iphoneの保護フィルムは本体を買ったときに同時に買った、一般的なペラペラしたやつを使っていたのですが、先週なかばくらいになにかの拍子に傷がついてしまっていました。
微妙に目に入るとこに傷がついたのですが、使用に支障は無いので我慢して使ってました。
しかしやっぱ気になってしまうのでここは保護フィルムを買い換えることに。
 
ちょっと高かったですがここはゴリラガラスを使ったスマホ保護フィルムを買ってみました。
 Gorillaglass
 
これなら服とかの金属パーツがこすれたくらいじゃ傷がつかないだろうし多分。
カッターで切りつけても傷がつかないらしいですからね。
 
なぜならカッターより俺のほうが硬いからウホホ。
 なんて頼りがいのある。実験はしませんが。
 
 
装着した結果、指のすべりがすごくてそこにビックリ。
ツルツルっていうかもうヌルヌルって形容したいくらいのレベル。
油でも塗ってあるんじゃないかっていう。もちろん塗ってません。
これずっと持続するのかなーこれは気持ちいいなあ。
 
傷のほうはまだわかりませんがきっと大丈夫なんでしょう。
そもそも傷がつかないのが売りだもんな。
 
 
あ、でもiphoneとか色々なスマホの画面はそもそもがゴリラガラスなので、保護フィルム不要説もあるみたいですね。
 
でもゴリラでも適わないヤツが傷をつけてくる可能性も無いとは言い切れないんだウホ。

和三盆っていう砂糖ありますよね。
ちょっといい和菓子とかによく使われてたりします。
クッキーみたいな洋菓子でも「和三盆味」とかがたまにあったりして、そういうのって大抵すごく美味しいんですけど、根本的に「和三盆」の正体がつかめずにいました。いままで。
 
「和三盆味」は美味しいとはおもうけど、和三盆自体の味は「甘いんだろうな」ってことぐらいしかわからない。
それに「上白糖」「黒糖」なんかに対して「和三盆」って、なんで和三盆だけ「~糖」っていう名前ではないのか。
何が三なのか。
 
そういうことを調べて知るのって割と楽しいしちょっとスッキリするのでググッてみました。
まあwiki見ただけですけど。
 
 
そうなんだー。
 
 
 
で、
一番気になったのは「和三盆そのものを固めただけの菓子が存在する」って記述です。
 
和三盆味のお菓子はたいてい美味しい。
和三盆自体がきっと美味しいんだろう。
でも和三盆自体の味はよくわからない。
 
これらのことはそのお菓子を食べれば一気に解決です。
食べたい。
 
 
そしたら近所のスーパーに売ってました。
 wasanbon

「半球状に押し固めた二つ一組を和紙に包んでひねり羽根つきの羽根に似せたもの、懐紙に包んで懐に入れて持ち歩けるものがある。」
 
おお・・・伝承のとうりじゃ・・・。
 
 
なるほどこれが混じりっ気ない和三盆の味わい。。。
神社とかでいただけるお供物ってありますよね。
あれに近い気がしました。こちらは混じりっ気のない砂糖なので、味が素直でまろやかな気がしました。
もっともお供物も美味しいのとそうでもないやつの差が大きいのであまり参考にならない気もしますが。
 
僕はもともとお供物とか割りと好きですし、氷砂糖とかかりんとうみたいなシンプルな砂糖の味は好きなので個人的には結構好きな感じですが、すぐにまた買うってことはないと思います。
だってこれ800円近くしたんです!
同じ800円出すなら、隣の棚でベルギーチョコの詰め合わせとか売ってるもんなー。。
 
あ、でもおいしかったです。
そしてなによりスッキリしました。
 
満足万蔵!

電車の弱冷房車って、暖房も弱いのか。
寒い!
電車内で手が冷たくなるとか!

夏に寒がる人が弱冷房車に乗るんでしょ?
つまり寒がりさん用の車両。
だったら冬も他の車両よりもあったかいのだろうと考える方が理屈が通ってると思いませんか!

わかってますよどうせあっちとしては「弱空調車」ってことが言いたいんでしょってことくらい。
「だったらそういう表示にしたら」ってことですよ!
 
 
しかし今夜はまた一段と寒いです。
明日は雪になるかもしれないらしいですねぇぇぇ・・・。
電車内が寒かったのは東西線のせいだけじゃないらしい。
 
東西線の空調は夏は効きすぎてて激寒で、冬はあんまり効いてなくてやっぱり寒いです。
基本東西線は寒いです。なにか理由があるんでしょうか。


実は先週末に会社が引っ越しまして、ハメハメハ電鉄は二駅しか利用しないで、東西線に長く乗る通勤経路に変わりました。

電車に対するクレーム多いですねすいません。
明日雪が降ってもビクともせずにがんばってください東西線様。

あ、もう「あけましておめでとうございます」の挨拶が有効な期間は過ぎちゃってますかね。
今年もよろしくお願いいたします。
いつもほとんど書いても書かなくてもいいことを書いてますが、今年もそんな感じでやっていこうかと。
 
 
平日は昼食も夕飯もほとんど外食なのですが、外食だとついついたくさん食べてしまうしお金もかかるし野菜が不足しがち、ってことで休日時間があるときはスーパーシンプル料理を作って食べていることがたびたびあります。
 
最近よくやるのは、焼肉用の豚ばら肉を炒めて、たくさんでた油でそのまま野菜を炒めて、炒め物の素とかクレイジーソルトで味付けして食べるパターンです。
 
今日は、半玉残っていたたまねぎを使いきるために、たまねぎのみじん切りをコンソメで味付けして神戸牛の挽き肉と炒めて卵で閉じるだけという、ちゃんと料理をする人から見ればきっと勿体無い神戸牛の使い方をしてしまったのですが、とてもおいしゅうございました。
 
 
先日は二ヶ月以上ぶりにやっと美容室に行けまして、「ポカーンとした正月気分が味わえる良コンテンツであることは認めつつも、ちょっと疑問を感じる箱根駅伝の盛り上がりについて」をテーマに美容師さんと語らってきました。
 
まわりに実は箱根駅伝がだいすきな人いたらもうしわけなかったかなー

このページのトップヘ